うめぼしの種類について

うめぼしは赤く色づいた紫蘇漬けが一般的ですが、塩漬けの後ではちみつに漬けたはちみつ漬けや、酢漬け梅などもあります。

うめぼしを食べることでの効果

疲労回復に役立ちます

クエン酸が含まれているため、疲労回復が目指せます

体の酸化防止に役立ちます

アルカリ性食品なので、体の酸化防止効果が期待できます

食欲増進効果があります

酸味で唾液の分泌が刺激され、食欲増進効果があります

生活習慣病の予防作用があります

ポリフェノール効果で、生活習慣病の予防につながります

骨を丈夫する効果があります

カルシウムの吸収を助け、骨を丈夫にします

基本は酢漬け

梅

日本伝統の食べ物のひとつうめぼしは、自身で漬ける家庭が少なくなりましたが、その健康効果の高さから贈答用として喜ばれるようになっています。そんな贈答用のうめぼしにはいくつか種類がありますが、やはり代表的なものといえば酢漬けです。酢漬けにもいくつか種類があり、最初は塩とお酢を使って赤紫蘇酢を作って漬ける紫蘇漬けが定番です。紫蘇漬け以外では、リンゴ酢などの果実酢の中に入れた果実酢漬けや玄米を使った黒酢と黒糖を使って着けた黒酢漬けもあります。

初心者向けのはちみつ

梅

健康効果の高いうめぼしは老若男女問わずに食べてほしい食品ですが、どうしても強い酸味と塩味に悩む人は多いです。特に子供にとって、伝統のうめぼしは酸味と塩味が強いので苦手にしている場合が多いといえます。そんな強い酸味と塩味が苦手という人でも食べやすいように、うめぼし製造企業が作っているのがはちみつ漬けです。はちみつ漬けはお酢の中に入れる際に、甘みのあるはちみつと水あめを加える方法になります。はちみつと水あめを加えることによって、濃厚な甘みに加えてはちみつと水あめの粘着性が舌で感じる酸味を包み込んでくれるのでたべやすくなるのです。

高血圧用に工夫された減塩

梅干し

健康効果の高いうめぼしは老若男女問わずに食べてほしい食品といいましたが、デメリットがあるとすれば保存食なので塩分が強いことです。健常者であれば1日3粒食べても問題ないのですが、高血圧の人は3粒を食べると規定量を超えてしまいます。もし贈答用として贈る人の血圧が高いと診断された場合には、高血圧用の減塩があります。これは塩分を少なくする代わりにだし汁を加えることで、うまみ成分でカバーしているのです。

広告募集中